素直とは馬鹿ということなのか まぜこぜの家族

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぜこぜの家族

親子で社会に馴染みにくく生きにくいけど、がんばってます。苦手な家事もぼちぼちと♪

広告

【就職か進学か】4年前、自宅警備員になった娘

雑記 雑記-娘のこと

今日は汚部屋の話じゃないです。

 

娘が高校三年生の時、

みんなが就職や大学進学を決めていく中で

娘は進む道を迷いに迷ってました。

f:id:mazekozenoie:20170201205326j:plain

何度も先生から呼び出しがあり、

娘さんの進路が決まらないのですが、

それでいいんですか?と念をおされてました。

 

私がうつになって家の環境を変えたりしたことで

娘の大学進学用の貯金がなくなってましたし、

娘は奨学金を借りてまで進学しても何を勉強したいか目的がなく、

実は漫画家になりたいと大きなこと考えてました。

 

そこで先生には、主人も私も娘には2年間やりたいことを探してバイトしたり、

原稿を持ち込みしたりと自由に過ごせばいいと考えているので、

娘に任せてます。と話しさせてもらいました。

 

先生は、呆れ気味で面談は終わりました。

 

若いときの1年や2年レールから外れてもいい経験だし、

私の本心では、発達障害(疑い)で人見知りの娘を

いきなり社会に出すのも抵抗がありました。

2年の間でバイトをするなり、社会と関わりを持って欲しかったからです。

 

そんな娘が、卒業までと卒業後の2ヶ月たらず、

自宅警備員に飽きてきた頃に、出身高校の進路担当の先生から

一本の電話がかかってきました。

 

人生の流れってあるんですね。続きます。